« 体臭の原因②【腸内環境の悪化】 | トップページ | 体臭の原因④【生活環境が不衛生】 »

体臭の原因③【体調が悪い(病気)】

土曜日だというのに東京は大雨!やることもなく自宅で昼食をガッツリ食べてしまいました体臭サプリメント店長の小野です。

さて、昨日に引き続き体臭の原因について書いていきます。

今日は『病気』によって体臭が発生するということについてです。

糖尿病、腎機能障害、肥満、肝機能障害などの場合、血中内の悪臭物質が増え、汗となって排出されるため体臭となるケースが多いです。

とくに体臭の原因として有名な病気は『糖尿病』といわれています。

■糖尿病の場合は、自律神経の異常が原因で発汗が多くなることがあります。
また、血糖のコントロールが悪いときは「ケトン体」という物質が汗や尿となって出るため臭うことがあります。

腐ったリンゴのような、甘酸っぱい独特のニオイです。

※ちなみに、このケトン臭は体が餓死状態のときに出るので、極端なダイエットをしている人もケトン臭がでる可能性があります。

■腎機能障害の場合は、機能が低下することで、尿素の排泄が阻害され、血中の尿素やアンモニア濃度が高くなり、その一部が汗や呼気などに分泌されるようになり体臭(卵が腐ったにおい)を強くします。

■肥満の場合は、より汗をかきやすくなるのでその汗が悪臭の原因となるのです。

■肝機能障害の場合は、毒素の分解が不十分で、それが汗などに含まれ悪臭を発することがあります。体からかび臭さや、腐卵臭とニンニクが混ざったようなにおいがするようです。

体調の悪化によってニオイ(体臭)が発生する場合には『ベジーエンザイム』が絶対におすすめ!ベジーエンザイムは、野菜や果物に含まれる天然・自然の食物酵素で消化を助けてくれるので体内の消化酵素を節約でき代謝にまわせる部分を大幅に増やせます。新陳代謝がよくなり体内に溜まった悪玉菌や老廃物を排出してくれるので結果的に健康&体臭が気にならない体に。

お買い求めは体臭サプリメントだけを専門店特価で販売中の体臭サプリメント専門店でどうぞ!

|

« 体臭の原因②【腸内環境の悪化】 | トップページ | 体臭の原因④【生活環境が不衛生】 »

体臭の原因」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1202618/29283317

この記事へのトラックバック一覧です: 体臭の原因③【体調が悪い(病気)】:

« 体臭の原因②【腸内環境の悪化】 | トップページ | 体臭の原因④【生活環境が不衛生】 »